落合昭彦の「好きです!もりおか」

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京モンが語る岩手の言葉

<<   作成日時 : 2015/02/18 22:12   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

 岩手の皆さんに対して、よそモンの私が、こんな風に岩手の言葉(私は「岩手言葉」と呼んでいる)を解説しはじめて、もう5年近くになりました。1回あたり2時間は軽く過ぎてしまうボリュームです。

 私はもともと「方言」とか「〜弁」、ましてや「〜なまり」といった表現が大嫌いです。いま「共通語」とか「標準語」などと言われているものは、たかだが明治以降に国策でつくられたもの。「岩手言葉」の中には、中世以前にさかのぼることのできる古語がいまだに生きているほか、その繊細で豊かな語彙と表現には目を見張るものがあるんです!

 でも皆さんはこう言うでしょう・・・「そうは言っても、東京から来た当初は言葉が通じにくくて苦労したんじゃないの?」と。

 確かに、「ねまる」とか「わがね」とか、一見すると全然意味のわからない言葉もあります。
 でも、少なくとも岩手人は、関西人などと違って、その人に応じて「地元語」と「標準語」を使い分けてコミュニケーションしてくれるんです。私はそれをバイリンガルと表現していますが・・・(笑)

 もっとも、こちらの言葉に慣れてくると、私などよそモンへのそうした(温かい)対応が、さびしくも感じられてくるんですけどね!一方で秋田や青森では、あまりバイリンガル対応をしないということも聞いていますが・・・。

 ということで、明日も私は、地元の人たちを相手に「岩手言葉」の魅力と奥深さを熱く、しかも多角的に語ってくるつもりです。

 ラジオの「岩手言葉」コーナーも、毎週1回、10分やって間もなく5年になろうとしています・・・
 今年はこれまでの「研究成果」を、整理したいなとも考えています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
秋田出身東京暮らしの私、我が家でもバイリンガルって言ってます(笑)
秋田弁に慣れている子らも一応バイリンガルを名乗ったり……。

秋田でも一応は標準語対応する方々もいることを弁明したくコメントしちゃいました(笑)


NAONAO
2015/02/19 05:27
コメントありがとうございます。おお、秋田でも使うんですね!それも来週の番組のネタにさせていただきます。日帰り温泉などで、よくお国入りしておりますので、秋田の方の秋田言葉愛はよくわかっています・・・(笑)
落合よりNAONAOさんへ
2015/02/19 06:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京モンが語る岩手の言葉 落合昭彦の「好きです!もりおか」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる