落合昭彦の「好きです!もりおか」

アクセスカウンタ

zoom RSS 啄木の故郷にて・・・

<<   作成日時 : 2017/08/06 12:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

 岩手が生んだ望郷の歌人、石川啄木は、現在盛岡市の一部となっている、旧玉山村渋民地区の出身です。
 稜線が美しい姫神山と岩手山をあおぐことができるこの渋民地区のことを学ぼうと、久しぶりに啄木記念館などを訪ねてきました。
画像

 天気がよかったこともありますが、地元を一望できる川崎展望地からの眺めは、絵に描きたくなるぐらい美しく、記念館の横にある啄木の像は、日差しをたっぷりあびて今にも動き出しそうに見えました。
画像

画像

 それにしてもあらためて記念館で啄木の短い生涯をふりかえってみると、生活の問題があったとはいえ、どうしてそんなに点々と短期間で移動を繰り返さなくてはいけなかったのかなあとせつなくなってしまいます。彼を支えた節子の本心はどのようなものだったのでしょうか?
画像

 啄木はこの尋常小学校で「日本一の代用教員」を自負していたということですが、ここでの教師としての日々が、もしかしたら一番幸せな時間だったのではないのかな?とも思います。そういえば宮沢賢治も、花巻農学校での4年間が自分にとってとても楽しかったようなことを語っていますよね・・・。
画像

 私は啄木自身への興味とともに、啄木を生んだこの風光明媚な渋民という地域のことにも大いに興味があります。盛岡の中心部から北へ20キロ弱。この土地の人はどんな文化を育んできたのでしょう・・・。
 盛岡市と合併したとはいえ、玉山や渋民には、盛岡市としては説明できない歴史と文化が息づいているのではないかと・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
啄木の故郷にて・・・ 落合昭彦の「好きです!もりおか」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる